太陽光・メガソーラー発電所の売却、権利売却、事業譲渡や運営・メンテナンスなどについてのご相談なら「太陽光相談.com」へお任せ! そのままでOK

03-6212-2934 メールでのご相談

運営・メンテナンス

500kw以上、もしくは大型太陽光発電の発電所ならびに権利・用地をお持ちの方を中心にご相談を承ります。

運営・メンテナンスのご相談事例
  • CASE 1

    明らかに当初想定していた発電量よりも減ってしまっています。原因を突き止めるとともに、どうすれば昔のように発電ができるか、もしできないのであれば採算が合わなくなってしまうのでいっそ売却も考えています。どうすればよいでしょうか?

  • CASE 2

    3年前に500kwクラスの発電所を建設し、今年で発電・売電を実施して3年目に入ります。しかし、当初の予定よりも2割減でしか売電を行えていません。どうすればよいでしょうか?

  • CASE 3

    建設を担当した業者のミスによって、太陽光パネルの架台が崩れてしまっています。波打った形で建ってしまっているため、一部発電をしていないパネルがあるようです。この場合の対処方法を教えてください。

  • CASE 4

    自社所有の遊休地に1メガクラスの太陽光発電所を所有しており、現在32円で売電しています。しかし、最近になって隣に大きな建屋ができてしまい、太陽光パネルが一部隠れてしまっています。明らかに発電量にも影響が出ています。どうすればよいですか?

  • CASE 5

    2年前に500kwクラスの発電所を建設し、今年で発電・売電を実施して3年目に入ります。しかし、当初の見込みよりも3割ほど発電量が落ちており、おそらくメンテナンスの不備が関係しているのではと考えています。この場合、どのような対応を行えばよいですか?メンテナンス業者を紹介してもらうことは可能ですか?

  • CASE 6

    2メガクラスの発電所を建設し、今年で発電・売電を実施して4年目に入ります。しかし、当初の予定よりも2割減でしか売電を行えていません。まずはどういった調査を行えばいいのか、また、その際にどういった業者に依頼すればよいのか教えてもらえますか?

  • CASE 7

    3年前に1メガクラスの発電所を建設し、今年で発電・売電を実施しています。しかし、当初の見込みよりも2割ほど発電量が落ちており、おそらくメンテナンスの不備が関係しているのではと考えています。この場合、どのような対応を行えばよいですか?メンテナンス業者を紹介してもらうことは可能ですか?

  • CASE 8

    建設を担当した業者のミスによって、太陽光パネルの架台が崩れてしまっています。波打った形で建ってしまっているため、一部発電をしていないパネルがあるようです。架台の修復とともに、このまま設備の売却も視野に入れています。この場合、修復と売却を一括で行ってもらうことができますか?

  • CASE 9

    借地に1メガクラスの太陽光発電所を所有しており、現在36円で売電しています。しかし、最近になって隣に大きな建屋ができてしまい、太陽光パネルが一部隠れてしまっています。明らかに発電量にも影響が出ています。どうすればよいですか?

  • CASE 10

    4年前に500kwクラスの発電所を建設し、発電・売電を実施しています。しかし、当初の予定よりも3割減でしか売電を行えていません。どうすればよいでしょうか? モジュールに問題があるのかもしれないのですが、どういった業者に見てもらえばいいのかわかりません。どこか信用のできる業者を紹介してもらえますか?

上に戻る