太陽光・メガソーラー発電所の売却、権利売却、事業譲渡や運営・メンテナンスなどについてのご相談なら「太陽光相談.com」へお任せ!

03-6212-2934 メールでのご相談

用地、権利の売却・譲渡

500kw以上、もしくは大型太陽光発電の発電所ならびに権利・用地をお持ちの方を中心にご相談を承ります。

用地、権利の売却・譲渡のご相談事例
  • CASE 1

    現在、太陽光の売電の権利(36円)を持っており、これから発電所の施工を行なう予定です。ですが、電源接続の工事費用が電力会社を経由すると非常に高くなり、工事費が加算されると元が取れなくなってしまう可能性が高いです。この工事費を下げられる手立ては何かあるのでしょうか。平成29年3月31日までに接続契約が締結されていないと、認定が取り消されてしまうこともあり、時間がありません。相談に乗ってもらえますか?

  • CASE 2

    現在36円で売電可能ですが、土地の売買契約が済んでいないため、発電・売電を行えていません。権利の譲渡を考えていますが、この場合どうすればよいですか?

  • CASE 3

    現在28円で売電可能です。しかし、発電用の土地の権利者が複数存在しているために動き出せず、権利関係で困っています。この場合の相談は可能ですか?

  • CASE 4

    32円で売電を行える権利を持っています。しかし、土地の開発行為が困難な場所であることが後から発覚したため、発電所を建設できずにいます。今後どうすればよいでしょうか。こういった場合で権利や土地の譲渡は可能でしょうか?

  • CASE 5

    売電の権利は持っていますが、資金がないために発電所の建設・運営ができずにいます。また、銀行の借り入れも不可という状況です。この場合、どうすればよいでしょうか。資金の調達方法について教えてもらえますか?

  • CASE 6

    32円で売電できる状況にありますが、家賃が権利を得た当初よりも上昇してしまったため、今後発電・売電を行っても採算が合わなくなってしまいました。この場合、相談に乗ってもらえますか?

  • CASE 7

    40円で売電できる状況にありますが、固定資産税が権利を得た当初よりも上昇してしまったため、今後発電・売電を行っても採算が合わなくなってしまいました。この場合、相談に乗ってもらえますか?

  • CASE 8

    権利を持っている土地が変形(陥没)してしまったため、用地に発電施設を建設できずにいます。売電価格は36円で、1メガクラスの発電を見込んでいました。この場合、どうすればよいですか?

  • CASE 9

    権利を持っている土地の横に、後から建屋が建設されてしまいました。そのため、当初の計画にあった発電施設を建設できずにいます。売電価格は32円で、500kwクラスの発電を見込んでいました。この場合、どうすればよいですか?

  • CASE 10

    40円で売電できる権利を持っています。SPCを作りたいのですが、適切な相手を見つけることができずにおり、動き出せていません。SPCを一緒に立ち上げてもらえる会社を紹介してほしいのですが、可能ですか?

上に戻る