03-6212-2934 メールでのご相談
太陽光発電に関するご相談ならどんなことでもご相談ください。

500kw以上、もしくは大型太陽発電の発電所ならびに権利・用地をお持ちの方を中心にご相談を承ります。

稼働済みの太陽光発電の売却を検討の方 下記のようなご相談、お任せください
【例①】自社所有の遊休地に1メガクラスの太陽光発電所を所有しており、現在32円で売電しています。土地・権利を含めすべてを売却した場合、いくらで売却できますか?

【例②】3年前に500kwクラスの発電所を建設し、今年で発電・売電を実施して3年目に入ります。当初の予定よりも2割増で売電を行えていますが、短期的に資金が必要となったために今回売却を考えています。この場合、いくらで売却できますか?
相談例を見る
発電所は無いもしくは未稼働で権利売却・権利譲渡を検討の方 下記のようなご相談、お任せください
【例①】現在36円で売電可能ですが、土地の売買契約が済んでいないため、発電・売電を行えていません。権利の譲渡を考えていますが、この場合どうすればよいですか?

【例②】現在28円で売電可能です。しかし、発電用の土地の権利者が複数存在しているために動き出せず、権利関係で困っています。この場合の相談は可能ですか?
相談例を見る

太陽光発電に関する最新ニュース

2017.04.26
電気・作物を「W全量買い取り」するソーラーシェアリング事業
スマートブルー(静岡県静岡市)は4月18日、農業と発電事業を両立するソーラーシェアリングとして、収穫した作物と発電した電気の両方を全量買い取る「W全量買取事業」を開始したと発表した。 同社はこの事業を開始するにあたり、MOVIMAS(東京都新宿区)と提携し、ソーラーシェアリングにおける営農センシングと再生可能エネルギーに対応したIoT技術を導入した。これは国内初という。 また、トータルプランナー(愛知県名古屋市)とは、営農者…
続きを読む
2017.04.24
太陽光発電の「事業計画」提出義務化、法律事務所が代行申請サービス
弁護士法人ITJ法律事務所(東京都港区)は4月20日、固定価格買取制度の見直しによる改正FIT法(電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法)の施行により、すべての太陽光発電設備の所有者に事業計画の提出が義務づけられたことを受け、代行申請サービスを開始したと発表した。 従来の固定価格買取制度は設備認定であったが、今回の改正により事業計画認定に変更された。これにより、すべての太陽光発電設備の所有者に対して、資源エ…
続きを読む

上に戻る