太陽光・メガソーラー発電所の売却、権利売却、事業譲渡や運営・メンテナンスなどについてのご相談なら「太陽光相談.com」へお任せ!

03-6212-2934 メールでのご相談
太陽光発電に関するご相談ならどんなことでもご相談ください。

500kw以上、もしくは大型太陽発電の発電所ならびに権利・用地をお持ちの方を中心にご相談を承ります。

稼働済みの太陽光発電の売却を検討の方 下記のようなご相談、お任せください
【例①】自社所有の遊休地に1メガクラスの太陽光発電所を所有しており、現在32円で売電しています。土地・権利を含めすべてを売却した場合、いくらで売却できますか?

【例②】3年前に500kwクラスの発電所を建設し、今年で発電・売電を実施して3年目に入ります。当初の予定よりも2割増で売電を行えていますが、短期的に資金が必要となったために今回売却を考えています。この場合、いくらで売却できますか?
相談例を見る
発電所は無いもしくは未稼働で権利売却・権利譲渡を検討の方 下記のようなご相談、お任せください
【例①】現在36円で売電可能ですが、土地の売買契約が済んでいないため、発電・売電を行えていません。権利の譲渡を考えていますが、この場合どうすればよいですか?

【例②】現在28円で売電可能です。しかし、発電用の土地の権利者が複数存在しているために動き出せず、権利関係で困っています。この場合の相談は可能ですか?
相談例を見る

太陽光発電に関する最新ニュース

2017.03.10
市民共同発電所を保育所の跡地に、売電収入から2%を「ふるさと納税」
太陽光発電事業者のエコスタイルが泉大津市と協定を締結して、「第2泉大津市民共同発電所」を建設する。発電所の建設や運営に必要な1000万円の資金をファンドで集める方式だ。市民を優先に3月1日から4月28日まで出資を募り、20年間の発電事業を通じて得た収益から分配金を還元する。 発電所を建設する場所は2010年まで市立の保育所があった跡地で、面積は1100平方メートルある。この用地に49kW(キロワット)の太陽光発電システムを設置する…
続きを読む
2017.03.09
太陽光100%、アップル向け部材を製造
再生可能エネルギーだけを利用して企業活動を進める。このような取り組みが広がっている。 例えば米Appleだ。同社は2017年3月時点でオフィスや店舗(Apple Store)、データセンターに利用する電力のうち、93%を再生可能エネルギーでまかなっている。自社の発電所はもちろん、発電事業会社から再生可能エネルギー由来の電力を直接・間接的に購入するPPA(Power Purchasing Agreement)を通じて実現してきた。 …
続きを読む

上に戻る